秋映

黒みがかった紅色=深紅の色は完熟の証

秋映(あきばえ)は、千秋(せんしゅう)とつがるを交配して誕生した長野県生まれのりんごで、1993(平成5)年に品種登録されました。同じく長野県のオリジナル品種である、シナノスイート、シナノゴールドと共に「りんご三兄弟」と呼ばれています(ちなみに秋映は長男です)。

しっかりとした歯ごたえのある果肉で、果汁もたっぷり。甘みに対して酸味のバランスが絶妙で、香りも強く感じます。平均糖度は14〜15度ほど。

大きさは300g前後で果皮は濃い赤色です。熟して甘いものほど、黒みがかった紅色=深紅の色をしています。見た目とは異なるさわやかな味を堪能してみてください。

食べ方
皮をむいて、くし形にカットして食べるのがオーソドックスですが、皮の部分にはポリフェノールなどが含まれているので、皮ごと食べることも意識しましょう。

ぼけ(※歯ごたえがなくなり味がぼやけること→生産地である長野県の方言)にくく、日持ちのよいりんごです。保存する場合は、新聞紙で包んでからビニール袋に入れ、冷蔵庫の野菜室で保存するといいでしょう。

秋映

秋映

秋映
  • 【送料無料】秋映(りんご)贈答用 約3kg(7〜10玉)長野県・高山村産

【送料無料】秋映(りんご)贈答用 約3kg(7〜10玉)長野県・高山村産

4,500円(税込)

購入数

商品レビュー

レビューはありません。