シナノゴールド

甘みと酸味のバランスがよい黄色いりんご

シナノゴールドは、ゴールデンデリシャスと千秋(せんしゅう)を交配して誕生した長野県生まれのりんごで、1999(平成11)年に品種登録されました。秋映(あきばえ)、シナノスイートと共に「りんご三兄弟」と呼ばれています(ちなみにシナノゴールドは三男です)。

パリッとした硬めの食感で果汁が多く、甘みと酸味のバランスがよいのが特徴。平均糖度は14〜15度ほどで、その濃厚な味わいは海外でも高評価を受けています。

大きさは350g前後と大きく、果皮は黄緑色から実が熟すとこで鮮やかな黄色へと変化していきます。果肉がやや硬いため加熱調理にも適しており、アップルパイなどにも利用されています。

食べ方

皮をむいて、くし形にカットして食べるのがオーソドックスですが、皮の部分にはポリフェノールなどが含まれているので、皮ごと食べることも意識しましょう。

ぼけ(※歯ごたえがなくなり味がぼやけること→生産地である長野県の方言)にくく、日持ちのよいりんごです。保存する場合は、新聞紙で包んでからビニール袋に入れ、冷蔵庫の野菜室で保存するといいでしょう。

シナノゴールド

シナノゴールド

シナノゴールド

シナノゴールド
  • 【送料無料】シナノゴールド(りんご)贈答用 約3kg(7〜10玉)長野県・高山村産

【送料無料】シナノゴールド(りんご)贈答用 約3kg(7〜10玉)長野県・高山村産

4,500円(税込)

購入数

商品レビュー

レビューはありません。