サンふじ

世界中で生産されている“りんごの王様”

サンふじは、国光(こっこう)とデリシャスを交配して誕生したりんごで、1962(昭和37)年に品種登録されました。名前の由来は、SUN(太陽)+ふじ。つまり、ふじを無袋で栽培したことにあります。太陽の光をたっぷりと浴びることで、一段と味が濃厚になるのです。

不動の人気を支えるのは、果汁がたっぷりで甘みと酸味のバランスがよく、蜜が入りやすい品種であること。シャキシャキとした歯ざわりも心地よく、濃厚な味わいが特徴です。

実の大きさは300〜400gほどで、果皮の表面にはワックス成分が付着しています。日本でもっとも多く栽培されている品種であり、今では世界中で作られているまさに“りんごの王様”ともいえる存在です。

食べ方
皮をむいて、くし形にカットして食べるのがオーソドックスですが、皮の部分にはポリフェノールなどが含まれているので、皮ごと食べることも意識しましょう。

日持ちのよいりんごですが、蜜が多く入っているものは、貯蔵性が落ちるので注意が必要です。保存する場合は、新聞紙で包んでからビニール袋に入れ、冷蔵庫の野菜室で保存するといいでしょう。

サンふじ

サンふじ

サンふじ
  • 【送料無料】サンふじ(りんご)贈答用 10kg(特大・16〜18玉)長野県産

【送料無料】サンふじ(りんご)贈答用 10kg(特大・16〜18玉)長野県産

10,000円(税込)

購入数

商品レビュー

レビューはありません。