あいかの香り

あいかの香り

あいかの香り

あいかの香り

霜降り状に蜜が入る果汁たっぷりのりんご

あいかの香りは、長野県長野市の藤巻農園で誕生したりんごで、2001(平成13)年に品種登録されました。名前の由来は、農園経営者の愛娘の名前から名付けられたそうです。

ふじとつがるを掛け合わせた品種で、やや硬い食感の果肉には果汁もたっぷり。平均糖度は14度ほどで、さわやかな甘みとほんのりとした酸味を感じます。蜜は果実全体に霜降り状に入ります(気象条件によって異なります)

実の大きさは450〜650gくらいの大玉が多く、形はやや縦長で果皮の色は黄緑色の地色に、赤色が縞状に色づきます。

皮をむいて、くし形にカットして食べるのがオーソドックスですが、皮の部分にはポリフェノールなどが含まれているので、皮ごと食べることも意識しましょう。

日持ちのよいりんごですが、蜜が多く入っているものは、貯蔵性が落ちるので注意が必要です。保存する場合は、新聞紙で包んでからビニール袋に入れ、冷蔵庫の野菜室で保存するといいでしょう。
  • 送料無料 あいかの香り りんご 贈答用 約10kg 18〜32玉 長野県産

送料無料 あいかの香り りんご 贈答用 約10kg 18〜32玉 長野県産

8,700円(税込)

購入数

商品レビュー

レビューはありません。