ぐんま名月

ぐんま名月

ぐんま名月

ぐんま名月

ぐんま名月

蜜が入りやすく歯ざわりの良いりんご

ぐんま名月は、あかぎとふじを交配して誕生した群馬県生まれのりんごで、1991(平成3)年に品種登録されました。生産地によっては、単に“名月”と呼ばれている場合もあります。

パリッとした食感が特徴で、果汁も多くとてもジューシー。平均糖度は15度ほどで、コクのある甘さがあとをひきます。黄色いりんごとしては珍しく、蜜の入りやすい品種です(入らない場合もあります)。

実の大きさは330〜450gほどで、果皮の地色は熟してくると黄緑色から黄色へと変化。日光がよく当たった場所はほんのりと赤色に染まります。

皮をむいて、くし形にカットして食べるのがオーソドックスですが、皮の部分にはポリフェノールなどが含まれているので、皮ごと食べることも意識しましょう。

そこそこ日持ちのよいりんごですが、蜜が多く入っているものは、貯蔵性が落ちるので注意が必要です。保存する場合は、新聞紙で包んでからビニール袋に入れ、冷蔵庫の野菜室で保存するといいでしょう。
  • 送料無料 ぐんま名月 りんご 贈答用 約10kg 24〜32玉 長野県産

送料無料 ぐんま名月 りんご 贈答用 約10kg 24〜32玉 長野県産

8,070円(税込)

購入数

商品レビュー

レビューはありません。