シナノスイート

ふじとつがるを両親に持つ、あま〜いりんご

シナノスイートは、ふじとつがるを交配して誕生した長野県生まれのりんごで、1996(平成8)年に品種登録されました。同じく長野県のオリジナル品種である、秋映(あきばえ)、シナノゴールドと共に「りんご三兄弟」と呼ばれています(ちなみにシナノスイートは次男です)。

シャキシャキとした食感が特徴で、果汁もたっぷり。甘みが強い品種で平均糖度は14〜15度ほど。その名の通り柔らかな甘さが際立つ、スイートなりんごです。

大きさは350g前後と大きく、果皮はきれいな赤色です。表面がベタベタしていることもありますが、りんご自身が作りだしたロウ物質で完熟した証です。

食べ方
皮をむいて、くし形にカットして食べるのがオーソドックスですが、皮の部分にはポリフェノールなどが含まれているので、皮ごと食べることも意識しましょう。

ぼけ(※歯ごたえがなくなり味がぼやけること→生産地である長野県の方言)にくく、日持ちのよいりんごです。保存する場合は、新聞紙で包んでからビニール袋に入れ、冷蔵庫の野菜室で保存するといいでしょう。

シナノスイート

シナノスイート

シナノスイート
  • シナノスイート(りんご)5kg(特大・8〜9玉)信州産

シナノスイート(りんご)5kg(特大・8〜9玉)信州産

6,500円(税込)

購入数

商品レビュー

レビューはありません。